こんばんは!星和台スタジオです。

あなたは普段、どんな感情でいることが多いですか?

うきうきと、楽しい気分?

それとも、取り越し苦労ばかりしていて、いつも不安とか…

 

感情と体温の関係について、調べたデータによると、

幸せとか、愛を感じているとき、全身の体温が上昇し、不安、羨望、軽蔑などの感情にいるときは、特に下半身(お腹)の温度が下がるそうです。

 

それだけではなく、腸脳相関の世界的権威によると、感情によって、腸内環境も変わるんだそうです。

つまり、いつも幸せな気持ちでいると、腸内環境も良い状態だということ。

 

感情は、コントロールすることができます。

どういう感情を選ぶかはあなたの自由で、感情にとらわれる必要はありません。

 

いつも良い感情を選択して、良い腸内環境を整えることが、あなたに健康をもたらす大切な要素です。

もう一つ、大切なことが、へそヒーリングなどで腸を刺激したり、適度な運動で腸をほぐすこと。

健康管理には、心と体、両方のケアが欠かせませんね。

イルチブレインヨガのトレーニングは、心と体、両面のケアに最適です。

ぜひ、お試しください。