チャクラと脳②

これまで人間の意識は、第1・第2・第3チャクラで主にとどまっていました。
情欲、恐怖、不安、食欲、挫折などの感情は、肉体に根を置く第1・第2・第3チャクラに閉じ込められた時に出る意識です。
そのような理由で、これまで性が人間の生活の中で最も重要視されてきており、社会規範のほとんどはこのような要求事項に基づいています。
チャクラの覚醒は、一人の個人だけでなく、人類全般の意識レベルに影響を与え、その社会を握る価値と直結しています。
眠っている残りの第4~第7チャクラが覚醒されることで、人体は宇宙のエネルギーを受け入れ活性化し、潜在していた細かな感情までも体験するようになります。
愛、慈悲の心、直観、知恵のような人間の高貴な資質が目覚めるのはこの時からなのです。

出典:「ヒーリングチャクラ」 一指李承憲著

「チャクラが目覚めると、脳が目覚める!」
ワークショップ開催します!