第7チャクラ・百会

第7チャクラは、頭のてっぺん百会にあります。
第7チャクラは脳下垂体と深い関係があり、体の中のすべての分泌腺と器官を統制するところです。

第7チャクラは、完全な調和と統合を意味します。
この統合は肉体的、感情的、精神的、そして霊的な統合です。
第7チャクラは真理、存在、幸せそのものです。
宇宙の本質的な場所である第7チャクラが開かれた人は、「個人的な自我」が消えます。
ひたすら、真理という大きな本質の中で、全てのことを意識して、何の区別もない状態で見つめて経験します。
宇宙と自分が一つになった体験の中で、スクリーンを通して映画を見るように、はっきりと宇宙の秩序を悟るようになります。

しかし、このチャクラが閉ざされた人は、霊性を経験できないばかりか、霊性や宇宙的な考えについての説明を理解したり受け入れることができません。
霊性を受け入れられないということは、自分の存在に対する意味と、人生の究極的な目的を知らないまま生きていくことを意味します。

出典:「ヒーリングチャクラ」 一指李承憲著